歩いた道こそ武勇伝。【ネタバレ注意】



お久しぶりです。単独終わった後ちょっと燃え尽き感がありまして…
(無限大で敦彦さんも言ってたけど、まさか見てるこっちまでぼんやりするとはw)
すぐアップしたかったのに遅くなってしまいました(汗
オリエンタルラジオ2011単独ライブ「絶賛、再ブレイク中。〜オファーお待ちしております〜」大阪レポです!
かなりネタバレしてますので、DVD出るまで情報シャットアウトしたい方は見ないでくださいねー。




◆漫才(番組終了自虐ネタ&チャラ男で再ブレイク)
慎「今残ってるレギュラーはオリキュンくらいですね」敦「終わってるよ!」
慎「俺毎週録画予約してるよ」敦「ハードディスク困るわ!」のくだり、以前雑学王か何かで
フット後藤さんに「オリラジ経済白書録画予約してるで」と振られて「ハードディスクが困ってます!」と
返したのをそのまま採用してた!
そして「君かわうぃーね!」を「容姿端麗ですね」て言うくだりも、よしログでの投稿を採用。
今回はそれ以外にも端々に、トークやTV等での発言やネタを織り込んできてるのが楽しい。
トークライブで話してたアレ、めっちゃ面白いから漫才のネタでやればいいのに」なんて話を
からしていた身としては、こういう還元は嬉しい限り。
個人的にツボなフレーズは↓。
桜田門がうぃーね」「シーイズアングリーアンドハングリー、携帯ゲームはGR○E!」
「な・か・た・の・ガチ!そして藤森さんはー、な・が・の・の・恥!」


●ブリッジ(OP)

ウサギの着ぐるみの頭だけをかぶり、バットを手にした2人が天王洲の街中を歩き回る。
途中発砲スチロールのかけらをあちこちに捨てていく。
捨てているものの意味は…?

可愛いウサギをかぶりながらも、首がちょん切れたウサギの絵を描くちゃんあつw
2人で天王洲のオフィス街をきゃっきゃ歩き回ってるのがかわいらしい。
この後オープンカフェに入れずさすらうとは思ってなかっただろうね…w


◆コント「MISSION」

第3次世界大戦勃発。「戦略の悪魔」の異名を持つ中田司令官は有能だった父を超えるべく
作戦「イザナミ」を発動するが失敗。
敵軍4万に対し自軍15人となり、藤森通信兵に降服や援軍要請を勧められるも断固拒否。
作戦「どさくさ」を遂行するも、自軍は7人に。どうする中田司令官?!

冒頭の中田司令官の長セリフがしびれる!中学に入ると同時にクーデターを起こし
生徒会長兼校長に就任したり、下校時はガリガリくんの買い食いではなくガリガリの捕虜を7人連れ帰ったりww 
でも作戦が失敗したとたん「どーしよー」とかなりのヘタレに変身w
「ダメー!」の言い方が可愛いw 口の前でバッテンww
そしてメガネ&軍服がとっても似合う敦彦さん。見とれました… 
慎吾はコスプレ感がすごいw かわいくなっちゃうんだよね。
ちなみに東京と大阪ではラストが変わっていました。DVDには入らないであろう東京のラストは↓。
特殊兵士がボタンで巨大化→敵を食いまくる→5分で元に戻る→最後はタイマンで殴り合い→勝利→大喜びするも敵の援軍襲来


●ブリッジ オリエンタルラジオヒストリー(2005)エンタの神様初登場


◆漫才(動物ダジャレ→結婚相手について主婦の意見は)
ダジャレ⇒主婦へのネタの移行が若干違和感。ダジャレは言葉くくりで昔からやってる諺ネタと
合わせた方がいいのでは、なんて思ったり。(新ネタという範疇ではなくなっちゃうけど)
しかし主婦というよりほぼおっさんですよw 目ひんむいてるし出っ歯だしww 
途中あまりにも憑依しすぎて主婦と敦彦さんが混同ww 慎吾「おい今どっちだ?!あっちゃん?!」ww
一瞬「俺だよ」と敦彦さんに戻って安心させておいて「だまされたな!」てwww 
慎吾本気でビックリしてたww


●ブリッジ オリエンタルラジオヒストリー(2006)高校生クイズ


◆コント「APARTMENT」

隣の部屋にバンドマンが越してきてうるさくて眠れないので追い出してほしいと
管理組合理事長(?)の藤森に訴える中田。
最初は親身に聞いていた藤森だが、話の中で中田がゴリラを飼っていることが分かり話は急展開。
ゴリラの良さを主張する中田だが、紐でつないでいたゴリラが暴れたり、背中にひっかかれた傷があることが判明し…

室内ゴリラとか、ドンキーコングとかビックリドンキーは偏見とかw
ゴリラが暴れた時の2人の格好がまたw ピーンと伸びるちゃんあつを蟹ばさみで押さえる慎吾ww
東京の時はマイクの調子が悪かった(ピンマイクの位置の問題かも)のと、途中敦彦さんが
一瞬ネタ飛んだっぽかったけど、大阪では流れもよくて、きれいにオチてました。


●ブリッジ オリエンタルラジオヒストリー(2007)オビラジ・オリキュン・経済白書


◆漫才(風物詩批判→ドラマオファーが来たら)
組体操を「互いに苦痛を与えあう様を教師が親に見せつける」ってこれも無限大で話してたネタ!
批判する時の口調がおかしいw でもクリスマスはサンタさんがいるから信じてるw
プレゼントは数学の本だけどね!w
そしてドラマ話、「牛に願いを」ネタもまだまだ引っ張りますなーw 
実写版モアイ像役のくだり、敦「モアイはもともと実写だろ!」確かにwww
最終的にはなんだかんだ言いつつ結局全部受けるw


●ブリッジ オリエンタルラジオヒストリー(2009)歌うま優勝


◆コント「COMIC」

ネタが思いつかず締切に間に合わないエロ漫画家シンホー先生。編集者中田に泣きつく。
エロ漫画を描いていることを娘に嫌がられている先生。そのためワンピースみたいな冒険モノが
描きたいというシンホー先生だが、画力的に無理と一蹴される。
結局、中田とその彼女の過激なエロ体験談を聞きだすが、帰宅した娘のカバンの中身を見て
中田の彼女が実は自分の娘であることを知ってしまう。そこから生み出されたシンホー先生の力作とは…

メタルフレームメガネにスーツの敦彦さんが素敵すぎ。ド変態だけどw シンホー先生も可愛い!
そして娘役でマネージャーの石ちゃんが登場。石ちゃんのアルバム写真と敦彦さんとのツーショットがいいw
シンホー先生の画力は相変わらずw でもマンガの日開始当初よりは明らかに進歩してる!
逆にあまり突っ込みどころがなくなってしまってつまらないw
東京には、なんと岩谷テンホー先生がいらっしゃってたようです。テンホー先生に感想聞きたいw


●ブリッジ オリエンタルラジオヒストリー(2010)ショーバトチャラ合いの手


◆コント「YUMEMIZAWA」(ユメミザワ先輩とビビ田くん)

ホームパーティをアメリカで学んだというユメミザワ先輩にホームパーティが初めてのビビ田くんが
パーティのノウハウを教えてもらうが…

芸人レンタルBOXでもやってたネタ。聖沢レオンとかなりかぶってるユメミザワ先輩w
このネタは完全に敦彦さんの顔芸&動き芸ww でもそれがたまらない!これが出来るのはちゃんあつしかいない!
「開ける!」の言い方がすごく好きだったりするw あと悔しがる時の地団駄と思われる動きww
そういえば、芸人レンタルBOXで先輩たちが指摘してた部分が改良されて見やすくなってました。
確かにビビ田くん最初からハスハスしすぎだったよねww


●ブリッジ(ED)

OP映像が巻き戻しで流れていき、最後は「武勇伝」と書かれた発泡スチロールをバットで破壊する2人。
OPで捨てていたのは武勇伝のかけらだった! 「武勇伝」の文字がアップに。



◆武勇伝
映像の意図することが分かった時点ですでにうるうるしてたんだけど、そこに聞こえてきた
「デンデンデンデデデデンデンデン!」の声。
始まったのは今までのオリラジの歴史を辿る武勇伝。この時点で涙腺決壊w笑い泣きで見てました。
(武勇伝の内容はSugerさんのブログに載ってます)
特に最後のフレーズがたまらなかった… 昔のいろんなことが頭を巡ってる中、最後に決定的なパンチくらった感じ。
♪意味はないけれどむしゃくしゃしたから 誰彼かまわず噛みついた
 意味はないけれど意味はあったのさ 歩いた道こそ武勇伝♪
だって本当にこの通りなんだもん!!他にも泣いてた人いっぱいいたなぁ。
特に古いファンにはたまらないっすよ…
もちろん「あっちゃんかっこいー!かーらーの!君かわうぃーねー!」とか、打倒オードリーのくだりとか
笑わせられるところもいっぱいあったんだけどね。
(そういや今回「打倒オードリー」をやたら打ち出してたね…頭おかしいポロシャツとかw)




東京・大阪と2回見ましたが、漫才に関しては、去年のVSでの挑戦がちゃんと実になっていたことが
とにかく嬉しかったです。
1年の間にそれぞれが自分のキャラクターを確立させてそれをネタに還元してる、っていうのがすごく大きい。
去年もネタの方向性は同じなんだけど(インテリとチャラ男)まだ今年ほどキャラが確立してなかったんだよね。
本人達もまだ吹っ切れてなかった部分があったのかなー。
それとコント! 昔から敦彦さんの世界観(エロ&バイオレンス)のコントがすごく好きだったので
また見ることができて本当に嬉しかった!
これからもやり続けてほしいし、来年はKOCとかもチャレンジしてほしいなー。ルミネとかでもやってほしい!
大阪では最後に「1年に2回単独やります」宣言も飛び出してたけど、実際どうなることやら…w
でもその気持ちが嬉しいし、やるならばもちろん行きますよ! 地方でも行っちゃうもんね!
(しかし、誕生月にやろうっていうところが乙女脳のちゃんあつらしい…w)